男の前髪が薄いのを解消する方法

育毛剤を使っていても髪を作るための栄養が不足していると、せっかくの育毛剤がムダになってしまいます。そこで髪を作るために必要な栄養素と効率的に摂る方法を紹介します。

男の前髪が薄いのを解消する方法 > 前髪の薄毛対策として摂っておきたい栄養とサプリメント

育毛剤を使っていても髪を作るための栄養が不足していると、せっかくの育毛剤がムダになってしまいます。そこで髪を作るために必要な栄養素と効率的に摂る方法を紹介します。

髪に必要な栄養素とは?

まずは髪に必要な栄養素についてお伝えします。
髪を作るには以下の3つの栄養素が必須です。

1.タンパク質

2.ミネラル(亜鉛)

3.ビタミンB群


それぞれ細かく説明すると

1.タンパク質
髪の毛の主成分です。これがないと始まりません。私達の体は爪も筋肉も髪もすべてがタンパク質が元になって作られます。
髪は「ケラチン」というタンパク質が主成分ですが、どういう過程で作られるかというと、口から摂取したタンパク質が体内でアミノ酸に分解され、毛母細胞にてケラチンを作り出しています。

2.ミネラル(亜鉛)
亜鉛はアミノ酸の合成をサポートしてくれます。タンパク質を沢山とっていても、亜鉛がないとアミノ酸の合成ができなくなるので、最終的にケラチンになりません。亜鉛は特に日本人に不足しているのでサプリメントで補うのがオススメです。

3.ビタミンB群
ビタミンB群は細胞分裂を活発にさせるほか、血行を促進させる効果があります。髪の薄いとこりにしっかりと栄養が届けられ、活発にアミノ酸からケラチンが合成されることで健康な毛髪をつくることができます。

 

どんな食材にふくまれているの?

タンパク質を多く含むのは肉や魚、卵といった動物性のものです。

タンパク質というのはアミノ酸が複数集まったもので、人間の体内の中でつくることができるものと
食事などで体外からとらないと摂取できない2つがあります。

動物性のタンパク質は合成できないアミノ酸を多く含んでいるので、積極的にとることをおすすめします。

しかし注意しなくてはいけないこともあり、それが脂肪を取り過ぎてしまうことです。

良質なタンパク質が豊富な反面、脂肪も多く含んでいるんです。

そこで必要なのが野菜などからもタンパク質をとるということです。

実は動物性のものほどではないですが、野菜にもタンパク質は含まれています。

特に大豆や枝豆は豊富なので動物性のタンパク質をとりつつ、野菜からもバランスよくとることで
脂肪過多にならず、必要なタンパク質を摂取できます。


次に亜鉛ですが、これはグラムあたりの含有量が多いのは牡蠣です。

しかし牡蠣はなかなか日常的にとれるものでありません。

身近な食品で言うと牛肉や豚のレバーなどには多く含まれてますが、
牛肉も必要量食べようとすると250gほど食べなくてはなりません。

亜鉛についてはサプリメントで摂取するほうがはるかに楽です。


最後にビタミンB群ですが
牛肉やカツオ・マグロといった赤身の魚、牛レバーなどに多く含まれています。
必要量はそこまで多くないのでこういった食品を積極的にとればカバーできる栄養素です。

日常生活で楽に摂るにはどうすればいい?

日常生活で簡単にとる方法としては「納豆巻き」が一番楽にとることができます。

大豆は髪をつくるタンパク質と亜鉛が豊富に含まれており、

大豆イソフラボンは脱毛の進行を抑える効果もあります。

また海苔もタンパク質が多く含まれており、さらにビタミンCも豊富なので

納豆に含まれた亜鉛の吸収率を高めてくれます。

そして酢飯に含まれている酢が血行をよくしてくれるのでこれまた育毛効果があるんです。

家で作れなくもないですが、時間を考えると毎日コンビニで1本買うのが楽だと思います。